信用はお金では買えませんの詳細

信用はお金では買えません

銀行でお金を借りるさいに必要なこと、それは「信用」だと思います。お金を貸す側は、借りる人を信頼してお金を貸すわけですから当たり前といえばそうかもしれませんが、なかなか目に見えてはかれるものがないのでその見極めが難しいといえるでしょう。銀行はお金を貸すさいに、この人にはいくらだったら貸せるかという限度額を設定しますが、最初は低く見積もっておいて期限までに借りたものをきっちり返していくと、その限度額が増えていきます。分かりやすい例でいくとクレジットカードのショッピング枠がある一定の利用条件をクリアしていくと30万円から50万円という風に枠が大きくなるというシステムです。これは個人の信用がこれまでの実績により認められたということになります。期限をきっちりと守れる人には多くのお金を貸してもリスクを伴いませんが、ルーズな人にお金を貸して貸し倒れなどしてしまうと大きな損害を被ることになります。貸す側は、お金を借りる相手を選べるわけですから身元のしっかりとして返済能力のある人を優先的に選びます。預貯金の状況やこれまでの借金歴、現在の給与から類推される返済能力、担保にできる資産状況など、これらのデータを総合的に判断していくらまでならこの人に貸し出してもよいかを決めるわけですが、その審査の根本となるのはその人の信用力に他なりません。また、その信用は一朝一夕には構築できないので、普段の生活から期限や約束事を守る基本的な習慣を見直す必要があるのです。