見た目の借金を減らして借りるの詳細

見た目の借金を減らして借りる

" 結論から言いますと、銀行が調べることができる範囲内で、借り入れ件数や借り入れ額さえ少なくできれば、基本的に銀行からお金は借りられます。断られる心配は少ないと思います。
 私は今年、銀行の他社からの借り入れ一本化を利用しました。借金総額2,000万円以上あってです。内訳は住宅ローン600万円、A銀行借り入れ100万円、B銀行借り入れ50万円、仲間からの借り入れ600万円、下請けの繰り越し250万円、税金の滞納250万円、親戚からの借り入れ300万円です。
 このうち銀行が独自に調べられるのは、住宅ローン600万円と、A銀行の借り入れ100万円とB銀行の借り入れ50万円だけです。あとは調べようがありません。つまり住宅ローンを除けば、A銀行とB銀行の150万円だけの金額になり、これなら貸しても大丈夫と判断されるケースが高いのです。
 実際の借金を正直に申告する必要はありません。例えば帳簿を見られて、仲間への返済を毎月10万円とした場合、600万円の借金と伝える必要はありません。三ヶ月前に30万円借り、毎月10万円返済していると言えば良いのです。それが何年も延々と続いていても、返しては借りていると言えば良いのです。
 このように証拠の残らないモノ、は銀行も調べようがないので、他からの借り入れはないと判断するのです。このへんは銀行にもどうにもならないグレーゾーンということです。
 もしどうしてもお金が必要な場合、このような借り方で見た目の借金を減らすことが得策です。"