お金を借りるのに必要なことの詳細

お金を借りるのに必要なこと

"一般的に必要な印鑑、身分証明書などの常識的なものは当然あるとして、銀行にお金を借りるのに必要なことといえばなんといっても信頼関係でしょう。
信頼関係とはいっても当然学生時代の友人とのお金の貸し借りではないので出世払いだとか人間性だとかは関係ありません。もっと目に見える明確な人間関係が必要になってきます。

その一つの目安が年収。これは一番重要ですよね。年収が0の人に将来性を期待して投資するなんていうのはドラマみたいな話ですから。これを明確にできない人はそこから信頼関係が築けないと思っていいと思います。

次に重要なのがも目的と計画性。この二つがしっかりビジョンとして見えてないとお話になりません。年収が250万の人が月々15万円の返済計画ではお金は貸せませんよね。

要はある程度の社会的地位と収入能力さえあればあとは担当者に対して自分を売り込む作業になってくると思います。いかに自分が信用できる人間であるかをプレゼンテーションできるか。少額のカードローンなどはインターネットやテレビ電話で簡単に借りることができる時代になりましたが、もっと多額な金額になってくるとやはりプレゼン能力というのが重要になってくると私は思います。

何にせよ、一番大事なのは自分の立ち位置を知ることです。自分の年収だとどれぐらい借りれるのか、そしてどれぐらいで返せるのか。自分を知ること、そこから相手に対する交渉手段、戦略が見えてくると思います。"